むか~しむかし・・・

こんばんは、[昌華]です。

昨日の宣言を実行すべくSSのフォルダを覗いてたら丁度良いのがあったよ。

・・・いや・・・丁度良かったのかどうかは解らないが・・・
うん・・・書くこと出来たから良かったってことで!(>▽<)b

昔々、まだ私がシーフを育てているときでした・・・



ぶっちゃけ1年前だから

それほど昔ではないのだがな!


おっと、つい本心が(  ̄ー ̄)y―~~

・・・コホン・・・サンドマン狩りをして、モロクに帰って来てカプラへと直行しました。
するとどうでしょう(某ビフォーアフターなナレーション風)



d0079588_17213216.jpg

ペコのつみれが・・・じゃなかった・・・
ガンホー怠慢の結晶・・・でもない・・・
BOT騎士の団子・・・うん妥当なところだな。


が出来ていたのです。

そして其処には、私を含む大勢の暇人ギャラリーが出来上がっていました。

そんな中には枝を使ってBOTを倒そうとする人も居ました。

普通の狩りでは味わえないほどの・・・それこそ生者ですら癒し殺されるのではないか・・・
と言うほどの過剰な支援がモンスターに施されBOTを一体撃退することに成功しましたが直ぐに戻ってきてまた密集地帯の一部へと融合されていきました。

ですが一度動き出した物事は中々止まりません。
それを助長するように

d0079588_17311456.jpg


死の商人達が動き出したのです。

数多くの枝が投入される中、ある一匹の救世主があらわれます。
それはミノタウロス

奴がハンマーフォールを詠唱した瞬間・・・
d0079588_1734319.jpg


動いた。

その瞬間のギャラリーの反応の内容は様々でした。
ですが、その内容が指し示している内容は一つ・・・

笑い

この瞬間・・・ほんの一瞬だけですが、
モロク(極一部・主に南)は一つになった。

たまになら、こんな楽しみもありかな~。
と思った管理人なのでした。
それでは、本日はここまで~。(>▽<)ノシ
[PR]
by kemitto | 2006-09-29 17:39


<< なくてもいいのだろうか・・・ ついにやってしまった・・・ >>