残り4枚だから最後までやっちゃおう!

今回は、034・036.037.038です。
残りの手持ちカードと持ってないカードを、オフィシャルのリストで比べた結果、
残り4枚だったので最後までやっちゃうことにしまいた。

エンター押したら記事が投稿されてしまいました_l ̄l○

厄日かもしれないので、とっとと考察行ってみよう!(つДT)



034 ジャガーノート・ソウル
ストラテジー タイミング:バトル 使用コスト:赤1無1

あなたはバトルスペースのスクエアにある対象のユニットを1枚選び、ターン終了時まで、スマッシュを+1する。あなたは自分のエネルギーゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主のスマッシュゾーンにリリース状態で置く。

キャラのスマッシュを+1点出来るカードの中では最軽量カードです。
欠点としては、コレを使用するとエネルギーが1つ減ってしまう事と、自分のスマッシュが1つ増えてしまうことです。
ですが、欠点もコレを使用するときに消費したエネルギーをスマッシュゾーンにリリースで送れば、
最終的に1エネで使用したことに出来るため、利点も大きくあまり気にならないと思います。
思い切って使ってみて、相手の計算を狂わせるのに一役かってくれるのではないでしょうか。
スマッシュポイントの計算を崩されるのは結構キツイですからねぇ。
自分は5点しか食らってないから安全だと思ったら、コレ使われて「ナム(=人=)」とかね。

036 怒りの鉄拳
ストラテジー タイミング:バトル 使用コスト:赤1無1

あなたはバトルスペースのスクエアにある対象のユニットを1枚選び、リリースする。このターンの間にあなたのユニットが墓地に置かれていたならば、ターン終了時まで、そのユニットのスマッシュを+1する。

ジャガソウル(変な略し方)と同コストのスマッシュ増加カードです。
こちらは自分のユニットをリリースできます。
速攻を持たないカードでもスマッシュを+1した状態で、動けるようになるわけです。
自分のユニットがそのターン中に墓地に送られていることが条件ですが、最後の詰めに攻め込んで、
相手がそれを全力で迎撃しているのなら、十分ありえる環境ですから、難しくは無いでしょう。
使用コストも軽いですし、トドメカードに使えるかもしれませんね。

037 ドラグーン・ランサー
ストラテジー タイミング:バトル 使用コスト:赤1無3

あなたはバトルスペースのスクエアにある対象のユニットを1枚選び、4000のダメージを与える。そうする時、そのユニットと隣接するスクエアにあなたのユニットがあるならば、かわりに7000のダメージを与える。

以前紹介した、ビッグハンド・マグナムの強化版です。
その分コストも増加して、やや使い難くなっています。
威力は申し分ないですし、妖魔の勇者やヤマブシ・ドリアードを焼く事も出来るので、
使えるカードだとは思いますが、4コス使うなら、ノヴァ・コマンドが良いかなぁと思ったりします。
ちょっと使うかどうかは悩むカードですねぇ。

038 誰がために鐘はなる
ストラテジー タイミング:ノーマル 使用コスト:赤2無4

それぞれのプレイヤーは、自分のスマッシュゾーンにあるカードが5枚以下の場合、自分の山札の1番上のカードを持ち主のスマッシュゾーンにリリース状態で置く。

もちろんカエルのために!

お互いにスマッシュ食らうカードです。
コストが思いですし・・・使いにくいし・・・タイミングノーマルだし・・・
う~ん・・・いらない・・・かな?;
コレ入れるならその分ユニット入れたいな~・・・とか思います。
でも、セカンド限定大会なんかだと、案外使い道あるかもしれませんね。

なんとまぁ、最後のカードが一番しまりのない解説になってしまいましたが、
コレにて赤の大陸のカード紹介は終了です。

次回からは黒の大陸に移ります。
[PR]
by kemitto | 2006-11-19 18:29


<< 黒の大陸突入。 殴りプリで動いてみた。 >>