黒の大陸終了。

こんばんは、[昌華]です。
今回は、以前にもありましたが、黒カードの残りが4枚なので全部やっちゃいます。
う~ん・・・コモン・アンコモンの数はどの大陸も同じだから、毎回ラストは4枚になっちゃいますね。

さてさて、

D-0 Site Ranking>ブログサイト
こちらの方を毎度押していただき、ありがとうございます(つДT)

毎日カウンターが増えているのを見て小躍りしております。
ブログ公開しているんだし、見てもらわなきゃ意味無いですからね!
誰かが来てくれてるというだけで元気100倍です。
でも愛と勇気だけが友達ではありません。
そしてこんな書かなくても良い事を書くのが「ほむけみすとクオリティ」でございます。
これからも是非お付き合い下さいませ。

それでは考察スタート
ちなみに、カード名は下線だけにしました。
太字だとなんか見難い気がしました。
(見やすくするために太字にしたはずなのだが・・・何故だろう(´-`) )



074 失恋の痛み [再録]
ストラテジー タイミング:クイック 使用コスト:黒1無1

あなたは相手の手札を見てカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

ある意味黒の大陸最強のストラテジー。
2コスで相手の手札が見れるわ、選んで捨てれるわ、敵に使われたくないカードである。
相手が緑単とかだったら、5エネが溜まるのを待たずして<妖魔の勇者>を絶滅させることも可能である。
緑黒とかになると墓地から帰ってくる場合が大なのであまり意味は無いが、それでも相手の行動がワンテンポずれるのは確実である。
何を捨てれば一番効果的なのか・・・といったことはプレイヤーの経験がものを言うので、どんどん使ってカードに慣れましょう。

075 ホムンクルス・ソウル
ストラテジー タイミング:バトル 使用コスト:黒2

あなたはバトルスペースのスクエアにある対象のユニットを1枚選び、ターン終了時まで、そのユニットのパワーを+2000し以下の能力を与える。『このカードがスクエアから墓地に置かれた時、相手は自分の手札にあるカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。』

ある意味「管理人・ソウル」でもあります。
ブログを始めたころはD-0にホムが実装されることも、ホム魂が実装されることも予想だにしていませんでした。

そして全然可愛くない・・・どころかキモチワルイということも_l ̄l○

おっと・・・考察からそれたぜ(=w=;
これを使うからにはやられること前提ですかねぇ。
理想は敵を一体倒して、二体目で相打ちでしょうか?
もちろんそれ以上行ければ尚のこと良いのでしょうが、流石に難しいでしょう。
<スパイクガールズ>に使うとやられたとき二枚捨てれますよ。
このカードはタイミングがバトルなので、戦闘中に使えば相手はタイミング:ノーマル&クイックのカードを使うことが出来ないのでより効果的です。

076 血の盟約
ストラテジー タイミング:クイック 使用コスト:黒1無1

あなたは自分の墓地にあるかゲームから取り除かれている対象の自分の種族「ヴァンパイア」以外のユニットを1枚選び、持ち主の手札に加える。このカードをゲームから取り除く。

除外カードを対象としたコストの軽い<黄泉返りの呪法>でしょうか?
あれはヴァンパイアも手札に戻せるんですがねぇ。
カードを除外 [するorされる]こと前提のカードですので、狙わない限りは使う機会は相当無いと思われます。
このカードがストラテジーも戻せたなら確実にはいるんですがねぇ・・・強すぎか(=w=)

078 ささやかな挑戦状
ストラテジー タイミング:バトル 使用コスト:黒1無3

あなたはバトルスペースのスクエアにある対象の使用コスト3以下のユニットか自分のユニットと隣接するスクエアにある使用コスト6以下のユニットを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

強いカードではあるのだが、些かむらのあるカード。
狙って使おうと考えない限りは<死神の鎌>をお勧めします。
<石化の呪法>よりも得した感が少ないです。
あっちは使用コスト+3の敵を倒せたのに、こっちは+2ですからね、6コスまでしか倒せないなら、素直に4コスを狙った<鎌>か、
6コス以下を対象にしていて、プランから使えば手札に戻る<絶望の連鎖>が良いでしょう。

※文章内に出たカードの登場エキスパンション(既出カードは除く)
<スパイクガールズ> Ⅰ-1
<黄泉返りの呪法> Ⅰ-1
<死神の鎌> Ⅰ-1
<絶望の連鎖> Ⅰ-4

次回からは青の大陸だぜ!(>ω<)b
[PR]
by kemitto | 2006-11-30 17:52


<< 楽園はもっと~♪ 何事も無かった。 >>